スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精油学(2)

今日も精油学を学びましょう。 言葉をなんとなく知っておくのではなく。説明できるようにしておけば どんな問題ても回答できるようになります。 がんばりましょう。p(#^▽゚)q ファイトッ

Q1 原子とはQ2 分子とは
Q3 化学変化とはQ4 芳香族化合物の構造は
Q5 LD値とはQ6 ベンゼン環とは
Q7 イソプレン単位とはQ8 官能基とは
Q9 イソプレン単位2個(炭素が10個)でできている
   化合物をなんというか


答えは続きをみてね
答え
Q1 物質を構成する最小の粒子でその原子の構造は、電子核を中心に負(-)の電荷ををもつ電子が回っている。電子核の中には陽子(+)と中性子(電荷をもたない )が存在している。
Q2 原子がいくつか結合したものを分子というまた、物質の性質を性質を表す最小単位である。
Q3 原子の組み換えが起こり新しい化学結合が生じ性質の異なる物質ができること。
Q4 環状構造
Q5 ラットやマウスを使い、 口から強制的に投与し、2週間で動物の半数が致死した投与の量を体重1kgで換算したものです。数字が低いほど毒性が強い。
Q6 水素と炭素から成る有機化合物で炭素が6個集まり6角形になっている。
Q7 5個の炭素原子からできている
Q8 炭素骨格につく原子団のことで、この官能基が有機化合物の性質を決める
Q9 モノテルペン

お疲れさまでした。でも今日はもう一回問題を投稿するからがんばってね。

※間違いなどございましたらお知らせください。
インストラクターを目指している方へ受験の合否の責任は負いかねます。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

芳香族化合物について

芳香族化合物芳香族化合物(ほうこうぞくかごうぶつ、aromatic compound)は、ベンゼンを代表とする環状不飽和有機化合物の一群。炭化水素のみで構成されたものを芳香族炭化水素 (aromatic hydrocarbones)、環構造に炭素以外の元素を含むものを複素芳香族化合物 (hetero

イソプレン-体が元気になるならない物質

イソプレンイソプレン(isoprene)は化学式C5H8で表される二重結合を2つ持つ炭化水素。IUPAC名は2-メチル-1,3-ブタジエン(2-Methyl-1,3-butadiene)である。分子量68.11、融点 -145.95℃、沸点 34.067℃。室温では揮発性の高い無色の液体。可燃性・引

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

クリスタルyu

  • Author:クリスタルyu
  • アロマセラピストの日常やサロンのお知らせその他広い範囲でお送りいたします。どうぞよろしく!!
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。