スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペパーミントについて

【ペパーミント】
ウォーターミントとスペアミントの交配種です。しみとおるような鋭い香りです
原産地は地中海、西アジア、ヨーロッパですが、精油が作られているのは、アメリカ合衆国が主のようです。
*学名 Mentha piperita
*科名 シソ科
*主産地 イギリス、地中海、アメリカ
*抽出部位 葉、頭頂部のの花
*抽出方法 水蒸気蒸留法
*主成分 メントール、酢酸メンチル、カルボン、シネオール、リモネン、メントン、ピネン、チモール
*用途 芳香浴、アロマバス、湿布、ベポラップ
*香りのノート トップノート 
*主な作用 強肝作用、強心作用、去痰作用、駆虫作用、駆風作用、血管収縮作用、解熱作用、健胃作用抗神経障害作用、刺激作用、緩和作用、収斂作用、消炎作用、消毒作用、頭脳明晰作用、発汗作用、鼻粘液排出作用、麻酔作用

**メモ**

皮膚に対する刺激があるので、使用の濃度に注意が必要です。
ケトンの含有が多い代表的な精油

(あなたのオリジナルブレンド教えてください コチラへ)
◆心への作用   ヒステリックなど精神的に高ぶった状態時にペパーミントの冷却作用が有効です
 
◆皮膚への作用 皮膚炎や白癬などのかゆみを冷却作用によって和らげます。また、にきびや脂性肌
脂性のヘアなどにもさっぱり心地よい作用をもたらします。  
◆体への作用 呼吸器の不調全般、せき、鼻づまりに有効です。

スポンサーサイト

theme : アロマテラピー
genre : 趣味・実用

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ初挑戦☆

新参者です♪お手柔らかにお願いネ!分からなくって今日の出来事なんだけど...

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

クリスタルyu

  • Author:クリスタルyu
  • アロマセラピストの日常やサロンのお知らせその他広い範囲でお送りいたします。どうぞよろしく!!
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。