スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内分泌について

インスト試験まであと22日ですね。
休憩しているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。
今日もがんばりましょう。d(^-^)ネ!
Q1 内分泌器官を12個あげよQ2 視床下部ホルモンとは
Q3 成長ホルモンとはQ4 プロラクチンとは
Q5 オキシトシンとはQ6 バンプレッシンとは
Q7 メラトニンとはQ8 サイロキシンとは
Q9 カルシトニンとはQ10 パラソルモンとは
Q11 チモシンとはQ12 電解質コルチコイドとは
Q13 糖質コルチコイドとはQ14 ホルモンが作用する特定の器官のことをなんというか
Q15 カテコールアミンとはQ16 インスリンとは
Q17 グルカゴンとはQ18 卵胞ホルモンとは
Q19 黄体ホルモンとはQ20 男性ホルモンとは
回答です。
A1 ・視床下部・下垂体前葉・下垂体後葉・松果体
・甲状腺・副甲状腺・胸腺
・副腎皮質・副腎髄質・膵臓・卵巣・精巣
A2 視床下部ホルモンは、様々な下垂体ホルモンの分泌をコントロールしている
A3 器官の成長を促進する。
主に骨や筋肉、表皮などに作用する
血糖値を上げる
A4 妊娠中の乳房の発育や、分娩後の乳汁分泌を促進する
A5 分娩の促進のため子宮収縮を促す。また、乳汁分泌の分泌を促進するA6 抗利尿ホルモンともいう。尿細管に作用し水分の再吸収を促進する
A7 睡眠サイクルをコントロールする。卵巣に影響する刺激ホルモンを抑制するA8 細胞でエネルギーの代謝を促進する(基礎代謝の亢進)
A9 血中のカルシウムの濃度を低下させるA10 血中のカルシウムの濃度を高める
A11 Tリンパ球の生産を促進するA12 アルドステロンともいう。
腎臓に作用し尿に排泄される塩分を制限し体内の塩分量を調節する
A13 コルチゾンともいう。ストレスに対して分泌される。血糖値が上昇する。免疫の抑制、炎症やアレルギー反応を抑制するA14 標的器官
A15 アドレナリンやノルアドレナリンという。交感神経興奮類似作用で、心機能亢進、血圧を上昇、血糖値を上昇させるA16 肝臓、骨格筋、脂肪組織などにブドウ糖を取り込み血糖値を下げる
A17 肝臓でグリコーゲンを分解し血糖値を上昇させるA18 エストロゲンともいう。女性性徴の発達を促し維持する。子宮内膜を増殖させる。皮脂の分泌が抑制される。
A19 プロゲステロンともいう。妊娠に必要な状況を整える。皮脂の分泌が促進される。A20 テストステロンともいう。男性性徴の発達を促し維持する。

※主にインストラクターの試験を意識した回答内容になっています。
※間違いなどございましたらお知らせください。
また、これを元に勉強されている方へ受験の合否の責任は負いかねます。
スポンサーサイト

theme : アロマテラピー
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

クリスタルyu

  • Author:クリスタルyu
  • アロマセラピストの日常やサロンのお知らせその他広い範囲でお送りいたします。どうぞよろしく!!
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。