スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インスト試験まで、あと10日ですね

インストラクター試験もあと10日に迫ってまいりました。
今日は、歴史についての問題です。
がんばりましょう。
問題です。
Q1 『医学の祖』と呼ばれた人物はQ2 『植物誌』著した人物は
Q3 ローマの軍医ディオフラストスが著した書物はQ4 『博物誌』を著した人物は
Q5 コールドクリームを発明した人はQ6 AD5~6世紀の頃の医学は
Q7 1511年『ハーバリスト憲章』を発布した人物はQ8 哲学者のアヴィセンナ(イブンシーナ)が著した書物は
Q9 イギリスのウィリアム・ターナがエリザベス1世に捧げたものはQ10 ジョン・ジェラードは何処に何を作った
Q11 『本草・あるいは一般の植物誌』を著した人物はQ12 『広範囲の本草学書』や『パーク・イン・サン』を著した人物は
Q13 ラテン語で書かれていた医学書、薬学書、処方箋を英訳し占星術を取り入れて独自の治療体系を築いた人物はQ14 イタリアの理髪師フェミニスが発売したものは何
Q15 アロマテラピーを造語したフランスの科学者は誰Q16 イタリアの科学者ジョバンニ・ガッティとレナード・カヨラは何の研究を行った
Q17 フランスの軍医だったジャン・バルネ博士が1964年に著した書物はQ18 インド・中国・チベットなどの伝統医学を研究し、参考にしながら精油を植物油に希釈してマッサージを行う体系を作った人物は
Q19 1985年の書物で、アロマテラピー普及のきっかけとなった出版物とその人物はQ20 日本で精油の香りの心理的作用を研究しCNV(随伴性陰性変動)という前頭葉から出る脳波を観測し世界的に評価された人物は
答えです。
A1 ヒポクラテスA2 テオフラストス
A3 『マテリア・メディカ』A4 プリニウス
A5 ガレノスA6 僧院医学
A7 ヘンリー8世A8 『アル・カノン』(医学典範)
A9 『ニューハーバル』A10 ロンドンのカルボルンに薬草園を作った
A11 ジョン・ジェラードA12 ジョン・パーキソン
A13 ニコラス・カルペパーA14 『オーアドミラブル』のちのオーデコロンとなる
A15 モーリス・ガットフォセA16 精油の香りの心理的作用やスキンケアの研究
A17 『ジャン・バルネ博士の植物学=芳香療法』(aromatherapie)A18 オーストラリア生化学者マルグリッと・モーリー女子
A19 ロバート・ティスランドの『アロマテラピー・理論と実際』(The Art of Aromatherapy)A20 鳥居鎮夫 


※主にインストラクターの試験を意識した回答内容になっています。
※間違いなどございましたらお知らせください。
また、これを元に勉強されている方へ受験の合否の責任は負いかねます。
スポンサーサイト

theme : アロマテラピー
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

クリスタルyu

  • Author:クリスタルyu
  • アロマセラピストの日常やサロンのお知らせその他広い範囲でお送りいたします。どうぞよろしく!!
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。